常に金欠状態の一人暮らしOLの日常。生活改善を目指して日々奮闘中。仕事、副業、恋愛、遊びetc...

一人暮らし独身OLの金欠改善日記

副業

会社に副業がバレない為にしたこと

投稿日:2017年8月31日 更新日:

「副収入は欲しいけど、本業がアルバイト禁止なのでバレると困る」こんな話はよく聞きます。本業の収入だけでゆとりある生活ができれば、誰も副業などは考えないでしょう。

ごくまれに本業と副業どちらの方が稼いでるのかわからないという方もいますが、基本的に昇給がなかったり、ボーナスも少なかったりと、自分の人生計画と現実の差を少しでも埋めようと選択するのが副業です。

長い人生の中でそれが必要な時期もあります。しかし副業のせいで本業を失くしては大変です。最近は副業OKの会社も出てきましたが、まだまだ就業規則で禁止にしてる会社の方が圧倒的に多いのが現状です。

会社が副業(バイト)を禁止している理由として、給与や社会保険などで社員の生活を雇用保障している、また社外秘事項漏洩などの不安や、自社業務以外の労働の疲れで本業に支障があっては困るなどの理由が挙げられるでしょう。

本来このような職業選択の自由を奪う就業規則は日本憲法で禁止されています。(公務員や特殊な職業はこの限りにあらず)

会社が社員を拘束できるのは勤務時間内だけなのですが、社外秘事項漏洩があった場合や副業のせいで本業の業務がおろそかになった場合は解雇されても仕方ない状況になります。

勿論、そんな事態になるような副業を選ぶはずことはまずないので、いかにバレずに副収入を得るか、ここが最大のポイントといえるでしょう。

実際、会社勤めをしながら副業をしてる先輩はどのような方法を使っているのでしょうか。わからないことは聞くのが一番!ということで、AさんBさんという先輩方にその方法を聞いてみました。

ネットでの副業をしているAさんは、副業の名義を家族に貸してもらっているそうです。名前を貸りても当たりさわりのない家族がいる人は、この方法を比較的安全な方法と言えるでしょう。この方法は副業の種類や収入額によるでしょうが、会社にはまずバレる事はありません。

Bさんは、税金で会社にバレるケースもありますよと教えてくれました。確定申告時に、副業からの所得がプラスされると住民税が増額してしまいます。給与から天引きされる税金が増えていたら会社にわかってしまいますよね。

この方法で副業がばれてしまうというケースは多いのです。なのでBさんは回避策として副業の確定申告は普通徴収として自分で納税の手続きをし、副業の税金を先に払ってしまえば、会社から天引きされる住民税の額は変わらなくなります。

もうひとつ、管轄の地方自治体から、あなたの会社に納税金額が記載されている特別徴収税額通知書というものが送られてきます。この通知書のなかに給与(本業)以外の収入がある場合「その他の所得」の欄にチェックが入っていることがあるそうです。

もしも万が一、会社にそのことを聞かれた時は「不用品をオークションに出したらたまたま高額で売れてしまい確定申告した」などのセリフを用意しておくといいでしょう。

後、一番バレる理由が、自分が同僚に副業の話をしてしまうところにあるようです。人間だれしも人に言えない秘密を持っている、なんて言葉もありますが、副業に関してはなるべく人に話さないのが賢明でしょう。

バレないように副業をするというのは決して不可能ではありません。しっかり回避すれば、安心して副収入を手にすることができるのです。

この記事はこちらの記事を参考にしました。気になる方はチェックしてみてください。

副業が会社にバレない為にすること5選

-副業
-, ,

Copyright© 一人暮らし独身OLの金欠改善日記 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.